注文住宅ならば尚更「窓」に注目!

ちょっとしたことなのですが、注文住宅でマイホームを新築するのでしたら、「窓を減らす」とうことも有りだと思うんですよ。だって注文住宅でマイホームを建てるのですから、窓の大きさや位置にしましても、自由自在というわけじゃないですか。ですから、家が長持ちすることを考えたら、窓を減らすという選択肢もアリなことだと思うわけです。

しかし、一戸建て住宅の場合はみなさんこぞって、窓を大きくそして窓の数を多めに作ろうとしますよね。私からすれば「うーん」と思ってしまうわけですよ。なぜなら、わが家のように窓が多くて日当たりがいい家ですと、とにかく日焼けがすごいんですから。

プラスチック製のものは日にあたって黄色くーというか茶色く日焼けしていってしまうのですよね。それがもう、なんとも汚らしくって…。この一点だけでも、注文住宅で家を建てた際の心残りですね。

いやむしろ、「注文住宅で家を建てたのに気をつけなかったこと」に対して心残りです。トイレ空間などは日焼けを考えて窓をつけなければよかったーと、思ってしまっていますね。実際、トイレに窓がなくても困らないわけですし。